ボヤキブログ

ただボヤクだけ

初めてのデジタルレコーダーはポーターサウンド TASCAM 788 でした

\中学生の頃からテープデッキに興味あって自然に音を重ねる魅力にハマり

テープデッキ2台でダビング繰り返すと言うアナログ的な録音から

マルチトラックレコーダへと変わって行ったのだけど

それがテープ式からデジタルへと変わった時に手にしたのが

タスカムでした。

テープ式と違いボタンを押しても駆動感がなくて少し違和感感じました。

テープなら回転と言う形で見えるのですがデジタルでは数値なので

動いていると言う実感が無いので変な感覚でしたね。

このレコーダーにはリズムマシンのようなものが搭載されておらず

別にドラムマシンを購入しMIDI端子で接続し使いました。

しかしあまり使った記憶が無いのです。

22才の別れと言う曲は覚えているのですがその他に録音なんて

したかな? それくらい使わなかったのかも知れません。

ただ感じたのはリズムマシンが搭載されていればなあと思った事

それを長男に話したからだと思うけれど、買ってあまり日が経たない内に

長男が誕生日プレゼントだと言ってZOOMのリズムマシン搭載の

レコーダープレゼントしてくれたんですね。

びっくりしました。

タスカムを購入時8万前後だったと思います。

ドラムマシンと合わせて10万円くらいでした。

その後リズムマシン搭載のものがある事を知ったのです。

当時10万くらいですけどね、たまたま長男と楽器店で見かけて

こっちにすりゃあ良かったのぉなんて話をしたので

長男が気を聞かせたのでしょうね。

 

さてあまり使用しなかった

タスカムで録音した22才の別れです。

一番だけまとめてみました。


22才の別れ