ボヤキブログ

ただボヤクだけ

ZOOM R24の想い出 多重録音

何年か前にZOOMのR24と言うMTRを購入した、トラック数とコンパクト

そしてその時欲しかった電池駆動出来ると言う魅力。

今は使い勝手が僕にとっては良くなくて手放したのだけれど

購入する時の一番の魅力は電池駆動出来るMTRと言うのが一番の動機でした。

その理由は外に持ち出して電気の通っていない場所でも録音が出来ると言う

それが最大の魅力でした。

理由は自宅ではギター等はライン録りが出来るのでヘッドホンを使えば

どんな大きな音でも近所迷惑にはならないですよね

しかしボーカルとなると大きな声は外に漏れるし

何より恥ずかしいと感じていました。

静かな歌なら声を抑えてもいいのだけれど少し声を出さなきゃいけないような

歌だと声を抑えてしまったら歌にならないと感じていた事から

電池駆動の出来るZOOM R24を購入したわけです。

 

最初はこのMTRがどんな感じのものかと試し録りしたのが

ビートルズの  I Willって曲でした。


I will 2

 

これはあくまで試し録りで、これなら声を張り上げなくてもいいような

ソフトな歌なので試し録りにはうってつけ

説明書も見なくてもまあまあ簡単に録れました。

 

そして歌って見たかった尾崎豊の「僕が僕であるために

これのカラオケを簡単にでも作ってMTRを外に持ち出して遠慮いらない

場所で歌だけ後から入れればいいやと軽く考えていました。

結局、人の来ないような埠頭に車で乗り入れて手持ちマイクで

録ったのですが、まあ失敗と言ったところでしょうか

録音はしたのですが長くまともに歌った事は無く若い頃の自分の

音階が今は出ない事がその時わかりました。

ある程度歌い込んで声が出るようになってから歌えば良かったと

今では思っています。

普段歌わないと声って細くなり高音が出なくなるんですね。

その失敗作です。

 

僕が僕であるために


尾崎豊 僕が僕であるために(カバー)歌と演奏



この歌昔から好きなんですね、いつか歌いたいなあとずっと思っていましたが

練習もしないでいきなり録音ってのは無理がありすぎました。

声がちゃんと出るようになってその上で歌い込んでじゃないと

とてもちゃんとしたものは出来ないですよね。

コーラスも一番だけはちょっと入れて見ましたが肝心の歌の方が

納得いかないので結局放置したままになってしまいました。

もうR24は手放したし、あれから歌も殆ど歌う事は無いし

再度カラオケ作るような気力もないので、この歌とR24は思いでの一つとなりました。

写真はボカしていますが僕の実像です。

追伸 記事に誤字などないかと見返していたらYouTubeの投稿した物

ぼかしを入れたつもりが正規の写真だったので入れ替えました。