猫さんロードと裏猫日記

猫を通じて生き方を学んだり

久しぶりの文字入れ記事

 

gingagingalong.hatenablog.com

最近エネルギー不足で文字を入れるのが億劫になっている。

いつしかブログそのものが止まる日が来るかも知れないですね。

今日は過去を振り返って文字のある記事を書きたいと思います。

この仕事に就く前の会社で3人の人間を辞めさせました。

辞める様に仕向けたと言った方が良いかも知れません。

1人目はトラックの運転手で面接時に所長が「今度採用した人はまともだフォークリフトも扱えるし経験もある」

さて3か月間の使用期間にこの言葉は嘘だなと直観しました。

見習いでフォークリフト扱わせると素人と言うかペーパードライバー並み

これじゃ製品をひっくり返すのがオチだ。

またトラック運転させると注意力無し事故を起こして当然な印象。

また真面目さはなく狡さだけが目についた。

会社に使用期間が終わったら採用取り消すよう申し入れた。

馬鹿な会社だね、僕の言葉を信用せずそのまま採用しやがった。

僕もその男も契約社員なので一年ごとに契約更新があります。

何故使用期間過ぎて採用したのか聞くと「人が足らん」の一言でした。

一年目の更新だけはもうしないでくれと申し入れた。

結局僕が言った通り事故はするわ、取引先会社で荷物はひっくり返すわ

しかもそれを報告しないまま壊れた製品をそのまま運んでしまうわ

クレームだらけとなり一年で契約は打ち切りとなった。

 

二人目はリースアップ車の引き取り業務で僕を引き取り先まで送迎すると言う

運転手である。

女性だったが運転は荒い、気分で仕事をする仕事を選ぶ、気ままに休む

横に乗っているだけでうんざりするようになったので途中からは後部座席に

乗り話もしなくなりましたねえ。

僕の怒りがいつ爆発するかそんな毎日でしたが上司が「大人な対応でよろしく」

と言われ我慢に我慢を重ねていました。

ところがその上司が先に切れてしまい、その女に「あんたの思うように休みも

取らせてあんたが思うような仕事の割り振りしているのにこれ以上何が望みや!」

とまくし立てているとその女、一言「うるさい!」

この一言でこれまで溜まった不満が爆発しました。

「わりゃ誰に向かってうるさい言いよるんや、上司とわしに悪態ついたら居場所

ないじゃろうが身の振り方考えろ」

さすがに翌日から来なくなりました。

その後釜に高齢者を雇ったのですがこれまた運転が危険そのもの

契約更新しない様に求めましたが会社も人手不足で悩んでいて

ギリギリまで結論が出せないようなのでその高齢者に一言伝えました。

「一年契約で万が一会社が契約更新すると言っても印鑑をつかないでくれ

それがあんたの責任感というものだ。この一年何度事故を起こしかけたか

振り返って思い出してくれ」

ドライブレコーダーもあった事だし複数の危険運転の報告もあった事から

契約更新時に契約止めとなりました。

恐らくこの人は僕を恨んでいるでしょうね。

本人はまだこの仕事を続けたかったようですがとても無理ですね。

信号は見落とす、センターラインもろにはみ出して対向車線を走る

止まった車があるのにブレーキかけない、大声出して「止まれ!」なんて

何度あったでしょう。

その度「今、どうしてたんでしょ?」

よくこれまで生きて来れたものだ。

 

高齢者の事故はこんな事から起こるのでしょうね。